RISA MASAKI THE HEALING LABORATORY スピリチュアルカウンセラー/スピリチュアライズアドバイザー 正木りさ ヒーリング研究室 公式ホームページ:トップページ
正木りさ公式ブログ
前の月へ
2020年4月
次の月へ
日 月 火 水 木 金 土
1
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

カテゴリ
私の気づき(1)
お知らせ(27)
私のつぶやき(87)
スピリチュアライズの為のメッセージ(8)
スピリチュアルカウンセラーへの道(2)

最近の記事
手作りマスク(布製マ...
I stay at home....
花王が紹介/手作りマ...
プロ直伝の手の洗い方...
心がけたいと思います...
出雲のお話...
さて。...
そういえば...
万九千神社...
続きは...
2019.11.25
出雲のお話
古代より、
神様は恵み、豊穣をもたらす存在でもありますが、
半面、天変地異等、災いをもたらす存在とも思われてきました。

特に、災いをもたらす存在としての神様は、「鬼」とも称され、畏れられてきました。

神様の一面でもあるからこそ、鬼は強く、その強さから、邪気を払うともされ、鬼瓦が作られた由縁ともなりました。


さあ、お待たせしました。
霊界通信の出雲のお話です(笑)

出雲の大国主命は、ヒーリング能力(因幡の白うさぎの話)がある半面、
出雲の国譲り後、崇神天皇や垂仁天皇の時代に、祟って障りを起こしたことは非常に有名なお話です。

ここにも神様の存在が、恵み、豊穣の神と、祟る神(鬼)があらわされています。


さて。
出雲大社の本殿ですが、
大国主命は、西を向いて鎮座しています。
本来、神様の向きは、南大吉、東吉なのにも関わらず、です。

霊界通信によると、
【出雲大社の大国主命が、ヒーリング能力者として、西国からの病を払い、癒すために、西に向いて鎮座している】

とのことでした。
霊界通信によると、それが、出雲大社の本殿が建立された数ある理由の内の一つらしいです。

そして、極論、それしか機能していないとも、、、、

本来のご神体の八雲山ふもとに鎮座する神社は、
素鷲社。

さあ、皆様。
【ソガ】という音。
これは、【スガ】という音と同じとされています。

だからこそ、
スサノオノミコトのお社は他に、
【須我神社】等もあるわけで、、、、

【スガ、ソガ】の音に対する漢字は、
須賀、須我、素我、
そして、【蘇我】!!

実は蘇我氏は、出雲と深い繋がりがあると、霊界通信で教えていただきました。


霊界通信の信憑性は当たって60/100です。
盲信なさらぬようにお願いいたします。

出雲のお話はまだ続きます。
お楽しみに。



ページ上へ
お問い合せ
(C)Copyright 2007 Risa Masaki The Healing Laboratory.