RISA MASAKI THE HEALING LABORATORY スピリチュアルカウンセラー/スピリチュアライズアドバイザー 正木りさ ヒーリング研究室 公式ホームページ:トップページ
正木りさ公式ブログ
前の月へ
2020年8月
次の月へ
日 月 火 水 木 金 土
1
2
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

カテゴリ
私の気づき(3)
お知らせ(35)
私のつぶやき(146)
スピリチュアライズの為のメッセージ(8)
スピリチュアルカウンセラーへの道(2)

最近の記事
マイカーで、オーナー...
おはようございます。...
本日20時、全国で花火...
守護霊様からの言葉...
換気前に「ディート成...
マイバックの除菌をし...
祈りつづけます...
天変地異の時...
聖徳太子...
市房ダムの緊急放流が...
2020.05.18
Heal the world
あなたのために
私のために
全てのために

今、優しく、柔らかい気持ちで
向かいましょう

https://youtu.be/nhcG9wqn0gU

(今日も私は無症状です)


2020.05.14
古事記日本書紀
天武天皇の命により、
稗田阿礼の記憶等で編纂、とされているのが、古事記、

舎人親王を中心として編纂、とされているのが、日本書紀とされています。

この、天武天皇と、持統天皇の正当性を証明するためにも編纂されたとされる、
古事記、日本書紀の中で、

蘇我氏の存在は、
良く書かれたり、悪く書かれたり。

しかし、土地土地の口伝による蘇我氏の姿は、
とても良い政策の元、ご尽力なされたという、
一貫して素晴らしいものばかりらしいですね。

(今日も私は無症状です)


2020.05.11
勝利者が作る歴史
古来から歴史は、

「勝利者の歴史」

と、いわれています。

戦をし、
それに打ち勝ってこそ、
勝利者となり、支配者になっていきました。

支配者になった暁には、
民衆を支配下におき、
統治をしていくために、
必要なのは、

「情報のコントロール」

です。

古い時代、戦場において勝利する、、、、
それには殺戮が不可欠でした。

勝利者にとって、その殺戮は、

「正当防衛」

であり、

「明確なる大義名分」

がなければなりません。

素晴らしい支配者だからこそ、
民衆も従うわけです。

そのために、勝利し支配者となった人々は、
必ずといって良いほど、

歴史書を編纂し、
自身の正当性を著していきました。

その、数々の歴史書において、
「政変」の際に、
「悪者」として描かれている存在。

果たして、本当に、

「悪者」

だったのでしょうか、、、、、

(今日も私は無症状です)


2020.05.10
炊飯器
独立したはずの息子が、
この、コロナウイルス禍により、
わが家にほとんどいる生活であることは、
すでにお話ししましたね。

そこで、とうとう、息子が音をあげました。

私は白飯は柔らかめが好き。
それもお粥に近くても構わないくらい、
柔らかめが大好きです。


息子は白飯は固めが好き、、、、
しかも、お米をといでから、
放置することなく、すぐ炊いていい、
とこだわるほど、
固めが好きなんです。

四月から息子がわが家にいることが増え、
ずっと私好みの柔らかめの白飯。
息子は何も言わず、食べておりました。


しかし、とうとう、昨夜、、、、

「おかん。俺、この家に炊飯器買って良い?」

と(笑)


「いやいや、ちょっと待ってくださいな。炊飯器をこの家で二台所有?」

息子
「美味しい白飯が食べたい」

ですよねー。

実際、コロナウイルス禍までは、
私が外食メインで自炊をほとんどしていなかったので、
炊飯器も何のこだわりもなく、
独り暮らし用の3合炊きで、
安価な商品ならよいかな、
で、購入したもの。


それでも、外出自粛で、息子が来てから、毎日フル稼働。

そうなってくると、安かろ、悪かろの、
本領発揮です。
タイマーをかけても、炊けたり、炊けなかったりと、
不具合を起こしておりまして。

昨夜の白飯は、本当に不味く炊き上がったんです、、、

それを食べながらの息子の一言が、
上記の内容です(笑)


私「そうだね!買い換えよう!」

と、早速、アマゾンで注文しました。

そして、新しい炊飯器では、
息子好みの固めの白飯を炊こうと思います!

息子よ、よく我慢した。
ごめんね。


2020.05.10
気がつけば
中二日、ブログ更新してませんでした。

今日も私は元気で、無症状です!


2020.05.07
特訓クラスの再開に向けて
今、コロナウイルス対策で、

三密、

密閉、密集、密接

を避けるように提言されています。

養成講座の特訓クラスでは、
何の対策もしなければ、この三密が全て揃います。

なので、弊社での対策は、

密閉→窓を全開にし、窓に向け複数台の扇風機をまわす、
加えて、空気清浄機を完備したので避けられます。

密集→1クラス、4人〜9人ですが、
1クラスを2つに分けて行う、で、避けられます。

密接→体調が万全か事前確認、
マスク着用厳守(無い方には事前に郵便でご送付します)、
アルコール除菌剤を完備して手、洋服等滅菌後入室、
天井からビニールクロスをかけエリア分けをする、
生徒様分のマスク用除菌シート、花粉症用メガネ、
フェイスシールドを準備できているので、多少は避けられる

と、上記準備しています。
これで、密が一つあるか無いかです。

しかし、
セミナー会場までの往復の交通機関での感染の危険性が消えない限り、

特訓クラスの再開は難しいと考えています

そこで、特訓クラスの生徒様達からちらほらと、

ビデオ通話等によるリモートワークで、
講義や精神統一ができないか?

と、お問い合わせをいただいてます。

特訓クラスの生徒様達、、、これ、できないんです。

一番目の理由は、
リモートワーク中では、
生徒様が精神統一や巫女型霊媒中、
深すぎるトランスにはいり過ぎた時、

「審神者が、巫女の肉体の背中側の丹田をたたいて、霊界にお願いして巫女を助けていただく」

上記ができません。

ビギナーズクラスや、上級クラスの方々の精神統一中に具合が悪くなった時であれば、
遠隔でも除霊は可能です。
まだまだ勉強が深まってはいない段階なので、
遠隔でも助けられます。

しかし、特訓クラスに進んだ方々は、
学びが深まっており、
精神統一も深く行うことが可能になられ、
実は、霊的訓練のかなり高いレベルまで到達なされています。

だからこそ、特訓クラスの方々は、
精神統一中に、
油断すれば大変危険な状態になります。

安全に学ぶには、
巫女型霊媒と同じ場所に審神者がいる事が必須条件です。


二つ目の理由は、
セキュリティです。

リモートワークということは、
講義内容を一度ネットにのせてから生徒様へ流す形になるので、
セキュリティが万全じゃないと、
守秘義務誓約上、できません。

実際、今、世の中に出回っているリモートワーク用の製品は、
ここ数年で世に登場しているものばかりで、
セキュリティが脆弱の可能性が高い様です。

LINEでさえも、未だに乗っ取りがあります。


「大丈夫だろう」ではリモートワークはできないのです。

そこで、弊社としての特訓クラスは、

@感染の第2波までは休講
A感染の第3波の様子で再開か否か判断

上記で考えています。

(今日も私は無症状です)



2020.05.06
パルスオキシメーター
今日も私は無症状で、元気です。

ただ、このコロナウイルスは、
皆様もご存知のように、
無症状でも罹患している可能性があり、
無症状でも急激な速さで重篤な状態になる可能性もあるわけです。

しかし、現在の私の自覚としては、
無症状で元気なわけですから、
罹患していない可能性の方が高いので、

ただでさえ状況が逼迫している保健所等に電話したり、
PCR検査を受けたいとは思いません。

東京都では、まだまだ外出自粛ですから、
罹患していない可能性の方が高いのに、
病院へ出向くという外出も、
不要不急であろうと思います。

実際、病院へ出向き、
私がその病院で罹患してしまったら(この場合は自業自得だと思います)、

今度は、私自身が新たな感染源になってしまう。

コロナウイルス禍を乗り越えるには、
いかに自分が罹患しないか、
そして、
罹患してしまった場合も、
いかに周囲の人達にうつさないかも、
焦点だと考えます。

手洗いや除菌、マスクの装着等、
全てが自分が罹患しないためだけではなく、
自分が無症状の罹患者だったらと想定して、
自分が他にうつさないための方法でもあるわけです。

ただ、ここで一つの懸念事項が。
そうです、私は基礎疾患があり、
万が一罹患したら、私こそ、
急激な速さで重篤な状態になるかもしれません。

コロナウイルスの重篤化のシグナルの一つが「息切れ」。
息切れが始まったら、呼吸困難が始まっているので、
すぐに救急車を呼ばなければならない状態です。

しかし、外出自粛中だとあまり動きまわりませんから、
自分で息切れしているかどうかも判断がしづらい。

そこで、購入したのが、
パルスオキシメーター。
血中の酸素飽和濃度を測る機械です。

100%の内、96〜99%であれば問題無し、
それ以下ですと、既に酸欠になっていると、
計測しはじめて数秒で結果がわかる機械です。

先ほど測ったら、98%でした。

安心です。


2020.05.04
自分へのご褒美
本日は私は休日です。

でも、祈りは欠かさず毎日行います。

「祈りの念」を紡ぎ続ける事が、
とても大切なのです。

何と申しましょうか、
例えば、
スポーツや芸術事と同じで、
一日休むと取り戻すまでに三日はかかるのです。

祈りの後は、
お掃除、お洗濯、お食事作り。

無心で向かえば、
家事労働も精神統一の一つになります。

夕食後、ふと、
「自分へのご褒美に何かつくりたい」
と思い、
アメジストとオニキスを使って、
自分のためのピアスを作りました。

じわじわと、心の芯から喜びが溢れました。

(今日も私は無症状です)


2020.05.03
フェイスシールド
今、医療の現場で、
フェイスシールド不足も深刻な問題になっているのは、
周知の事実です。

そこで、身近な物を使ってフェイスシールドを作る動きになってますね。

身近な物とは、クリアファイル。
特に「高透明」と呼ばれている商品が、
一番適合するとか。


私がネットで目にした情報でも、

@クリアファイルとメガネ、クリップやビニールテープを使うタイプ

Aクリアファイルと、カチューシャを使うタイプ

Bクリアファイルと、ヒモを使うタイプ

Cクリアファイルを型紙にあわせて切るだけで、フェイスシールドにできて、その他の道具はいらないタイプ

などなど、ざっと調べても四つの手段がありました。

私が着目したのは、C。
型紙にあわせて切るだけですし、その他の道具もいらない。

今、三密となるため、休講している特訓クラスで、
時世を確かめつつ再開した時に、
生徒様の命をお守りするため、お配りしたい。

そして、ご面談によるカウンセリングの際も、
ご相談者様の命をお守りするためにも、お配りしたい。

となると、善は急げと、
クリアファイルの「高透明」を買おうとしましたが、
既に品薄で、ほとんどのショッピングサイトで入荷待ちでした。

それでも、やっと購入できて、
昨日、クリアファイルが弊社事務所に到着しました。

緊急事態宣言が解かれた後に、
時世の様子を見つつ、
霊界に再開オーケーか確かめ、
特訓クラスの再開時期を決めたいと思っています。

(今日も私は無症状です)


2020.05.01
元気です
いつも通り、夜のお祈りが終わりまして、
ブログの時間です。

出雲のお話ですよね。
承知しております(笑)。


そもそも、なぜ出雲なんだ、ですが。

私は、20代の頃はスピリチュアリズムの師がおり、
その後、30代の頃には、
今は亡き古神道の師がおりました。

古神道を学び始めた当時、
それまで心の中で密かにふと、思わされていた事と、
古神道の学びの点と点が繋がったものですから、
非常に興味深く学ばせていただきました。

古神道の知識が増え、
経験が積み重ねられていくと、

当然、

「あれはどうなんだろう?」
「これはどうなんだろう?」

という疑問がわいてきます。

高級霊は、
「聞けば教えてくださる」
けれど
「聞かないと教えてくださらない」
わけなので、

疑問がわいた私は、当然、
根掘り葉掘り高級霊に聞くわけです。

そこで、当時の私の最大の疑問が、

「聖徳太子」

でした。

ここが出雲と繋がっていくのです。

(今日も私は無症状です)




| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 |
ページ上へ
お問い合せ
(C)Copyright 2007 Risa Masaki The Healing Laboratory.