RISA MASAKI THE HEALING LABORATORY スピリチュアルカウンセラー/スピリチュアライズアドバイザー 正木りさ ヒーリング研究室 公式ホームページ:トップページ
正木りさ公式ブログ
前の月へ
2020年5月
次の月へ
日 月 火 水 木 金 土
2
5
8
9
12
13
15
16
17
19
20
22
23
24
25
26
28
29

カテゴリ
私の気づき(3)
お知らせ(36)
私のつぶやき(147)
スピリチュアライズの為のメッセージ(8)
スピリチュアルカウンセラーへの道(2)

最近の記事
遅くなりましたm(_ _)...
重症者数が、累計なの...
マイカーで、オーナー...
おはようございます。...
本日20時、全国で花火...
守護霊様からの言葉...
換気前に「ディート成...
マイバックの除菌をし...
祈りつづけます...
天変地異の時...
2020.05.06
パルスオキシメーター
今日も私は無症状で、元気です。

ただ、このコロナウイルスは、
皆様もご存知のように、
無症状でも罹患している可能性があり、
無症状でも急激な速さで重篤な状態になる可能性もあるわけです。

しかし、現在の私の自覚としては、
無症状で元気なわけですから、
罹患していない可能性の方が高いので、

ただでさえ状況が逼迫している保健所等に電話したり、
PCR検査を受けたいとは思いません。

東京都では、まだまだ外出自粛ですから、
罹患していない可能性の方が高いのに、
病院へ出向くという外出も、
不要不急であろうと思います。

実際、病院へ出向き、
私がその病院で罹患してしまったら(この場合は自業自得だと思います)、

今度は、私自身が新たな感染源になってしまう。

コロナウイルス禍を乗り越えるには、
いかに自分が罹患しないか、
そして、
罹患してしまった場合も、
いかに周囲の人達にうつさないかも、
焦点だと考えます。

手洗いや除菌、マスクの装着等、
全てが自分が罹患しないためだけではなく、
自分が無症状の罹患者だったらと想定して、
自分が他にうつさないための方法でもあるわけです。

ただ、ここで一つの懸念事項が。
そうです、私は基礎疾患があり、
万が一罹患したら、私こそ、
急激な速さで重篤な状態になるかもしれません。

コロナウイルスの重篤化のシグナルの一つが「息切れ」。
息切れが始まったら、呼吸困難が始まっているので、
すぐに救急車を呼ばなければならない状態です。

しかし、外出自粛中だとあまり動きまわりませんから、
自分で息切れしているかどうかも判断がしづらい。

そこで、購入したのが、
パルスオキシメーター。
血中の酸素飽和濃度を測る機械です。

100%の内、96〜99%であれば問題無し、
それ以下ですと、既に酸欠になっていると、
計測しはじめて数秒で結果がわかる機械です。

先ほど測ったら、98%でした。

安心です。


2020.05.04
自分へのご褒美
本日は私は休日です。

でも、祈りは欠かさず毎日行います。

「祈りの念」を紡ぎ続ける事が、
とても大切なのです。

何と申しましょうか、
例えば、
スポーツや芸術事と同じで、
一日休むと取り戻すまでに三日はかかるのです。

祈りの後は、
お掃除、お洗濯、お食事作り。

無心で向かえば、
家事労働も精神統一の一つになります。

夕食後、ふと、
「自分へのご褒美に何かつくりたい」
と思い、
アメジストとオニキスを使って、
自分のためのピアスを作りました。

じわじわと、心の芯から喜びが溢れました。

(今日も私は無症状です)


2020.05.03
フェイスシールド
今、医療の現場で、
フェイスシールド不足も深刻な問題になっているのは、
周知の事実です。

そこで、身近な物を使ってフェイスシールドを作る動きになってますね。

身近な物とは、クリアファイル。
特に「高透明」と呼ばれている商品が、
一番適合するとか。


私がネットで目にした情報でも、

@クリアファイルとメガネ、クリップやビニールテープを使うタイプ

Aクリアファイルと、カチューシャを使うタイプ

Bクリアファイルと、ヒモを使うタイプ

Cクリアファイルを型紙にあわせて切るだけで、フェイスシールドにできて、その他の道具はいらないタイプ

などなど、ざっと調べても四つの手段がありました。

私が着目したのは、C。
型紙にあわせて切るだけですし、その他の道具もいらない。

今、三密となるため、休講している特訓クラスで、
時世を確かめつつ再開した時に、
生徒様の命をお守りするため、お配りしたい。

そして、ご面談によるカウンセリングの際も、
ご相談者様の命をお守りするためにも、お配りしたい。

となると、善は急げと、
クリアファイルの「高透明」を買おうとしましたが、
既に品薄で、ほとんどのショッピングサイトで入荷待ちでした。

それでも、やっと購入できて、
昨日、クリアファイルが弊社事務所に到着しました。

緊急事態宣言が解かれた後に、
時世の様子を見つつ、
霊界に再開オーケーか確かめ、
特訓クラスの再開時期を決めたいと思っています。

(今日も私は無症状です)


2020.05.01
元気です
いつも通り、夜のお祈りが終わりまして、
ブログの時間です。

出雲のお話ですよね。
承知しております(笑)。


そもそも、なぜ出雲なんだ、ですが。

私は、20代の頃はスピリチュアリズムの師がおり、
その後、30代の頃には、
今は亡き古神道の師がおりました。

古神道を学び始めた当時、
それまで心の中で密かにふと、思わされていた事と、
古神道の学びの点と点が繋がったものですから、
非常に興味深く学ばせていただきました。

古神道の知識が増え、
経験が積み重ねられていくと、

当然、

「あれはどうなんだろう?」
「これはどうなんだろう?」

という疑問がわいてきます。

高級霊は、
「聞けば教えてくださる」
けれど
「聞かないと教えてくださらない」
わけなので、

疑問がわいた私は、当然、
根掘り葉掘り高級霊に聞くわけです。

そこで、当時の私の最大の疑問が、

「聖徳太子」

でした。

ここが出雲と繋がっていくのです。

(今日も私は無症状です)




| 1 | 2 |
ページ上へ
お問い合せ
(C)Copyright 2007 Risa Masaki The Healing Laboratory.