RISA MASAKI THE HEALING LABORATORY スピリチュアルカウンセラー/スピリチュアライズアドバイザー 正木りさ ヒーリング研究室 公式ホームページ:トップページ
正木りさ公式ブログ
前の月へ
2020年8月
次の月へ
日 月 火 水 木 金 土
1
2
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

カテゴリ
私の気づき(3)
お知らせ(35)
私のつぶやき(146)
スピリチュアライズの為のメッセージ(8)
スピリチュアルカウンセラーへの道(2)

最近の記事
マイカーで、オーナー...
おはようございます。...
本日20時、全国で花火...
守護霊様からの言葉...
換気前に「ディート成...
マイバックの除菌をし...
祈りつづけます...
天変地異の時...
聖徳太子...
市房ダムの緊急放流が...
スピリチュアルカウンセラーへの道
2018.05.14
亡き主人とのこと
亡き主人が帰幽(亡くなり霊界に帰ること)してから、はや15年です。

来年には、十七回忌の法要をいとなみます。

スピリチュアリズムでは、帰幽後に浄化、成仏するのに早くて50年。
でも、30年もすれば、かなり浄化が進むことが多い、とされています。

実際、亡き主人は、ここ数年、霊界通信という形で、私の仕事のサポートもしてくれるようになりました。

本当にありがたいです。

今の私がいるのは、生きているのは、主人のお陰様と言っても過言ではありません。

主人は生前、私より年下でありながら、
離婚歴があり連れ子のいる私を愛してくれました。

更には、主人にとっては血の繋がらない私の子供も我子として愛してくれました。
実際、養子縁組もしてくれました。

男性から愛される、大切にされるとは、こういうことなのだと、主人に教えてもらいました。

本当に、本当に、愛ある結婚生活でした。


その主人は15年前に交通事故で亡くなりました。


主人から、愛する人を喪う悲しみ、苦しみ、喪失感、絶望も教わりました・・・。


その悲しみ、絶望といった暗闇を乗り越えるきっかけも、主人との生前の結婚生活の思い出が与えてくれました。

そして、なによりも、ご相談者様の、
愛する方を喪われた悲しみを理解し、寄り添うことが、とても大切なことであると、再認識させていただくことにもなりました。

養成講座の生徒の皆様にも、その大切さをお教えすることになりました。


すべての経験に意味があります。

どんなに辛い経験も、意味のあるものにできるのです。


その存在、その生き様、死に様、
死後の世界でのサポートに至るまで、
主人がいるから、
私は今、生きています。生かされています。


(これはノロケですかね(笑))







2015.12.21
私の場合
私は、スピリチュアルカウンセラーになる事を目標に生きてきたのではありません。


私は、真理を求め続けただけです。


私の生まれた意味は?
私が生きている意味は?
私が私らしく命を燃やすとは?
私の好きなことは?
私が学びたいことは?


天を仰いで、天を恋しく想い、
地に足を付け、自己を見つめ、己と向き合い、己と問答しては、また天を仰ぐ。


そうやって、今日を迎えています。


だからこそ、
スピリチュアルカウンセラーになるために学んできたのではありません。

私が私であるために、日々積み重ねてきただけです。

これが私なのです。




1
ページ上へ
お問い合せ
(C)Copyright 2007 Risa Masaki The Healing Laboratory.