RISA MASAKI THE HEALING LABORATORY スピリチュアルカウンセラー/スピリチュアライズアドバイザー 正木りさ ヒーリング研究室 公式ホームページ:トップページ
正木りさ公式ブログ
前の月へ
2020年8月
次の月へ
日 月 火 水 木 金 土
1
2
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

カテゴリ
私の気づき(3)
お知らせ(35)
私のつぶやき(146)
スピリチュアライズの為のメッセージ(8)
スピリチュアルカウンセラーへの道(2)

最近の記事
マイカーで、オーナー...
おはようございます。...
本日20時、全国で花火...
守護霊様からの言葉...
換気前に「ディート成...
マイバックの除菌をし...
祈りつづけます...
天変地異の時...
聖徳太子...
市房ダムの緊急放流が...
お知らせ
2020.07.10
換気前に「ディート成分入り」の防虫剤散布を
換気前に「ディート成分入り」の防虫剤散布を
2020.7.3
産経新聞より、記事をコピーしました

 新型コロナウイルスの感染防止策として有効といわれるのが部屋の換気だが、思わぬ大敵が現れた。鳥取県や鹿児島県で網戸もかいくぐる小型の虫による被害が相次いでいる。「スケベ虫」とも呼ばれるこの害虫は今後、全国的にも発生する可能性があるという。被害に遭わないための対処法を専門家に聞いた。

 被害が相次いでいるのは、ハエ目・ヌカカ科に属する昆虫「ヌカカ」で、蚊のように人や家畜の血を吸う。「干拓虫」や「スケベ虫」とも呼ばれており、体長はわずか1〜2ミリで、網戸も簡単に通り抜け、衣服の中に潜り込むこともある。刺されれば強いかゆみがあり、1カ月かゆみが続くこともある。

 鳥取県の米子市や鹿児島県奄美大島、沖縄県久米島などで被害が報告されており、鳥取大と米子市のアンケートでは、「近年、被害を受けたことがあるか」という問いに全体の62%が「被害あり」と回答している。




 同市環境政策課は「昨年や一昨年は被害報告が少ないが、今年は多く報告されている。発生量と被害は比例するので注意が必要だ。かゆくて我慢できないのでかきむしってしまうという報告があるほか、被害は子供や女性に多い」と説明する。

 西日本を中心に被害が報告されているが、ヌカカは全国的に分布しており、発生時期は6月中旬から10月下旬。全国的にこれからピークを迎えることになる。

 スケベ虫の被害を回避する方法はないものか。

 国立環境研究所生態リスク評価・対策研究室の五箇(ごか)公一室長は「梅雨明けは発生しやすく、河川敷や水田の近くなど水辺に多く発生する。女性や子供に被害が多いのは、成人男性に比べ、露出が多いからだろう。部屋にいるときは防虫剤を散布して中に入れないこと。外出するときは『ディート』と呼ばれる成分の入った虫よけを露出部分にしっかり塗ることだ」と説明する。

 五箇氏によれば、ベランダや網戸付近に防虫剤を散布しても意味はないという。時期が時期だけに小まめな換気を心掛ける人も多いが、換気前には部屋の防虫剤散布を忘れずに。

(今日も私は無症状です)


2020.07.04
市房ダムの緊急放流が中止になりました
地域の方は、引き続き警戒をしてください


2020.07.04
今、午前11時30分です。土砂災害があるとしたら本当に危険なのはこれからです
目の前の雨が弱くなったとしても、
先程までの雨が、山に降りました。

これにより、地盤が柔らかくなり、
雨水が下流に降りていくのに伴い、
これからが一番、土砂災害の危険度が高まります。

現地の方々、どうか、警戒してください。


2020.07.04
市房ダム放流延期
市房ダムの放流が再延期されました。

ダム放流のニュースは注視すべきと判断し、
ブログに載せています。


2020.07.04
この後8時30分頃から市房ダムが放流されます
熊本県水上村にある球磨川の市房ダムがこのあと、午前8時30分ごろから緊急放流をする予定だということです。
すでに氾濫している球磨川の上流からさらに、大量の水が流れてくることになり、さらに浸水エリアが拡大する恐れがあります。直ちに高い場所に避難することが必要です。(日本テレビ系(NNN))

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200704-00000101-nnn-soci から転載




2020.07.04
大雨特別警報
九州、熊本・鹿児島に大雨特別警報が発令されました。ただちに命を守る行動をとりましょう。すでに川の氾濫が始まっています。この場合に取るべき命を守る行動とは、道路冠水が始まっているか、否かで決まります。

周辺道路の冠水が始まっていない時
 川の流域なら、すぐに避難所へ行きます。その際にカバー写真右のように、衣類などをビニール袋に詰めて、リュックサックに入れて常時携帯。万が一水が襲って来たら、命を守る緊急浮き具になります。

 川から離れているのであれば、避難所の他に高台への避難も選択肢に考えてください。避難所の密集を避けます。当然、衣類の詰まったリュクサックは必需品です。

 いずれも車での避難も選択肢に考えます。ただ、車は避難手段としては有効ですが、車そのものは避難所になりません。洪水に遭遇したら簡単に流されますし、車内に閉じ込められたまま溺れる危険が大です。

周辺道路の冠水が始まっている時
 歩いてでも、車でも外に出ての避難は諦めます。自宅や周辺の建物の2階以上に垂直避難します。万が一2階まで浸水が襲ってきた時に備え、カバー写真左のようなダウンジャケットなどの厚手のジャケットを準備しておきます。このようなジャケットは緊急のライフジャケットに早変わりします。数時間は浮力で浮いていることができます。

避難途中に水がきたら
 避難を始めたときには全く冠水していなかったのに、付近の河川の堤防が決壊したとなると、その周辺は30分もたたずに冠水します。そのとき大量の水が押し寄せてくるわけで、流れを伴っています。流れを伴う洪水は大変危険です。人は膝をこえる水深で流されてしまいます。また、車も同様で、流れが秒速1 mを超えて、水深50 cmを超えると流され始めます。従って、徒歩でも車でも水深50 cmを超える流れが来襲してきたら、すぐに近くの高台や屋内の2階以上に避難しなければなりません。

 道路には、ふたのあいたマンホール、側溝があります。こういったところは冠水しているとその存在に全く気が付きません。しかも大雨の中だとさらにわからなくなります。そういったマンホールトラップや側溝トラップは溺水トラップとなります。過去には、大雨のさなかの避難中にこのようなトラップに落ちて命を失っている人が多くいます。特に見通しの悪い夜間は外出しないようにします。

田畑の様子を見に行かない
 用水路や排水路の水の流れ、生長途中の稲の様子、様々な心配事があるかもしれません。でも、大雨の最中や直後には絶対に見にいかないようにしてください。田畑の冠水が始まっていると、道路から一段下がっている田畑の水深が深くなっていてもなかなか気が付きません。そこに足を踏み入れ、いっきに沈水してしまうこともあります。溺水トラップのうちの田畑トラップです。毎回の台風や集中豪雨で犠牲者が発生しています。夜間には、特に危険性が増します。

https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohidetoshi/20200704-00186445/ から転載


2020.05.07
特訓クラスの再開に向けて
今、コロナウイルス対策で、

三密、

密閉、密集、密接

を避けるように提言されています。

養成講座の特訓クラスでは、
何の対策もしなければ、この三密が全て揃います。

なので、弊社での対策は、

密閉→窓を全開にし、窓に向け複数台の扇風機をまわす、
加えて、空気清浄機を完備したので避けられます。

密集→1クラス、4人〜9人ですが、
1クラスを2つに分けて行う、で、避けられます。

密接→体調が万全か事前確認、
マスク着用厳守(無い方には事前に郵便でご送付します)、
アルコール除菌剤を完備して手、洋服等滅菌後入室、
天井からビニールクロスをかけエリア分けをする、
生徒様分のマスク用除菌シート、花粉症用メガネ、
フェイスシールドを準備できているので、多少は避けられる

と、上記準備しています。
これで、密が一つあるか無いかです。

しかし、
セミナー会場までの往復の交通機関での感染の危険性が消えない限り、

特訓クラスの再開は難しいと考えています

そこで、特訓クラスの生徒様達からちらほらと、

ビデオ通話等によるリモートワークで、
講義や精神統一ができないか?

と、お問い合わせをいただいてます。

特訓クラスの生徒様達、、、これ、できないんです。

一番目の理由は、
リモートワーク中では、
生徒様が精神統一や巫女型霊媒中、
深すぎるトランスにはいり過ぎた時、

「審神者が、巫女の肉体の背中側の丹田をたたいて、霊界にお願いして巫女を助けていただく」

上記ができません。

ビギナーズクラスや、上級クラスの方々の精神統一中に具合が悪くなった時であれば、
遠隔でも除霊は可能です。
まだまだ勉強が深まってはいない段階なので、
遠隔でも助けられます。

しかし、特訓クラスに進んだ方々は、
学びが深まっており、
精神統一も深く行うことが可能になられ、
実は、霊的訓練のかなり高いレベルまで到達なされています。

だからこそ、特訓クラスの方々は、
精神統一中に、
油断すれば大変危険な状態になります。

安全に学ぶには、
巫女型霊媒と同じ場所に審神者がいる事が必須条件です。


二つ目の理由は、
セキュリティです。

リモートワークということは、
講義内容を一度ネットにのせてから生徒様へ流す形になるので、
セキュリティが万全じゃないと、
守秘義務誓約上、できません。

実際、今、世の中に出回っているリモートワーク用の製品は、
ここ数年で世に登場しているものばかりで、
セキュリティが脆弱の可能性が高い様です。

LINEでさえも、未だに乗っ取りがあります。


「大丈夫だろう」ではリモートワークはできないのです。

そこで、弊社としての特訓クラスは、

@感染の第2波までは休講
A感染の第3波の様子で再開か否か判断

上記で考えています。

(今日も私は無症状です)



2020.04.10
今日も私は無症状です。
お心遣い、ありがとうございます。


ブログのアップが遅くなってしまったので、

まさか?!

と事務所の方のメールにお問い合わせがまいりまして、
あわててアップしております。

タイトルにあるように、
今日も私は無症状です。


2020.04.03
手作りマスク(布製マスク)について
皆様ご存知かと存じますが、
念のためアップします。

コロナウィルスの粒子は非常に細かく、0.1ミクロン以下といわれています。
従って、一般的な使い捨てマスク、布マスクのみを着用ですと、
コロナウィルスは、マスクを透過してしまい、万全ではありません。

この対応策が、
「除菌シート」「除菌フィルター」という名で販売されている、不織物のシートです。

私は、使い捨てマスク、手作りマスク使用時は、必ずこのシートを併用しています。

今後、国から布製マスクが配られるそうですが、
布製マスクだけですと万全ではありません。


だからこそ、私は今後も、
@手で顔(目、鼻の中、口)、耳の中を触らない
Aこまめに手洗い、うがい、アルコール除菌を行う
Bマスク着用時は除菌シートを併用
C三密を守る
D自己免疫力を高めるために、食事に注意する


上記を心がけます。





2020.03.09
花王が紹介/手作りマスクの洗い方
実は、私も手作りマスクを作りました。
家族の分も含めて、5枚製作。

下記情報は、とてもありがたかったです。

花王Twitterより

1.標準濃度の洗剤で10分間浸漬。
2.塩素系漂白剤のキャップ7分目(15mL)を水1Lに溶かした液にマスクを10分浸漬
3.水道水を用い十分にすすぐ
4.清潔なタオルに挟んで水分を吸い取る
5.形を整えて干す

ポイント
・炊事用手袋を使用する
・複数のマスクを一度に洗わない
・洗濯用の飛沫に接触しないように密閉できる容器で処理する
・洗剤液にはウイルスが含まれている可能性があるため、1Lあたり13mLの塩素系漂白剤を加え、10分放置した後に捨てる
・マスクを洗濯した後は十分に手を洗う


(写真は私の作った手作りマスク)



1234
ページ上へ
お問い合せ
(C)Copyright 2007 Risa Masaki The Healing Laboratory.